SOCIAL MEDIA
INSTAGRAM

 

IN ASSOCIATION WITH

メンバー専用
broadwayworld.com

よくある質問

1、英語が出来ませんがコースについていけますか?

大丈夫です。

英語で使用されるミュージカルナンバーや台詞は1ヶ月、あるいは6週間前にお渡ししますので、楽譜に読み方を(カタカナ等)書き込んだり、意味を調べる準備時間があります。

又、演技の稽古はレベル1は表現のためのゲームなどをしますので、台詞も短いです。レベル1の歌も楽譜を見ながらでも構いません。

講演会や演技のクラスにおいては、通訳がつきます。

ダンス、歌、シアターダンス(歌を歌いながらのダンスシーン)は、通訳なしですが、その方が、通訳の方ばかり見て終わるより、アンテナを張って、先生が求めている事をジェスチャーや目をきちんと見て理解しようとしますので、良い勉強となります。

また、「これを機会に英語をもう少し勉強しよう!」と思う事が、将来の為にも良い経験になると思います。

先生方にも、日本人は英語が解らない事を伝えていますので、とてもやさしく、解りやすい様に導いて下さいます。

 

2、歌が歌えません。

コースのクラス分けは、ダンス、歌、セリフ、それぞれレベル別なので、参加者一人ひとりのレベルに合うクラス分けをします。

歌が得意ではない参加者は、レベル1のクラスに入って、コーラスを中心にミュージカルナンバーを学びます。

レベル2の受講生は数曲事前に英語で覚えてもらい、ブロードウェイの模擬オーデオィションを経験してもらいます。

必要であれば、TBE JAPANでも、スカイプ(インターネットカメラ)などを使って英語の歌を教えて下さる英語の先生や、歌の先生をご紹介します。

 

3、ダンスが出来ません。

2年以上のダンスのお稽古の経験がある場合は大丈夫です。

怪我を避ける為に、2年以上の経験が要りますが、レベル1は「ミュージカルの楽しさ」を知ってもらい、役作りからのダンス、物語を伝えるためのダンスを学んでもらいます。

タップのクラスも初めての子がたくさんいます。(タップシューズを持っていない場合はジャズシューズでかまいません)